Bar Admissions

資格
米国パテントエージェント

Education

経歴
• 京都大学 法学部卒業
• ジョージワシントン大学 ロースクール法学修士課程卒業

加藤奈津子氏は、1996年に知的財産権分野でのキャリアをスタートさせました。 加藤氏は、日本の特許事務所において、機械・電気・電子・通信分野など様々な分野において、お客様の外国出願をサポートする業務を行ってきました。特に、画像処理装置、液晶表示装置、光学機器、半導体製造装置、自動車用部品などに関する技術を取り扱ってきました。

加藤氏は、2011年からGlobal IP Counselors, LLPにて勤務しており、現在は、画像形成装置、画像処理装置、圧縮機、空調機などの分野における日本のクライアントの案件を代理しています。また、日本のクライアントが円滑に米国での特許権利化を図ることができるように、クライアントと米国人弁護士との間を仲介する業務も担当しています。